どんぐりころころ

野獣なミニチュアダックス 『どんぐり』 の毎日を、ゆるく楽しくお届けしてます。                        最新記事のRSS

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

息の荒い犬 と 怪しい人

 
 
こんにちは、どんぐりママです。



昨日、


朝っぱらから


皿を割ってしまった。。



朝の5時すぎに


割れたガラスを拾い


掃除機をかけてたら


なんか悲しくなった。









最近は


日が暮れるのが、とても早い。


17時には、真っ暗だ。




そんな、とある冬の夕方


寒いので


ウィンドブレーカーのフードをかぶって


ウォーキングをしていたら・・・





前を一人で歩いていた


放課後ルーム帰りかと思われる


小学生の女の子 (たぶん低学年) が


今にも泣き出しそうな顔で


顔をのぞきこんできた。




想像するに、多分、


「この人、変質者かも?こわい。」 と


ぐりママの顔を見て


男か女か確認したかったんだろうね。




そりゃそうだわな。


ひと気のナイ


夕方17時過ぎとはいえ真っ暗な中


うしろから


黒い服着て


フード被った人が歩いてきたら


ひとりで帰宅してる小学生の女の子は


怖いよね^^;





※女の子と目が合った時に
精一杯の優しい声で挨拶をしたら
あからさまにホっとした顔をしてたので
ご心配なく!




もしもこの時


野獣を連れてたら


怖がられたりしなかったのかなー?





いや、そうでもナイな。


はりきって散歩してる時の野獣は


「はぁはぁ」 と、たいそう息が荒く


若いおねーちゃんに


不審そうに振り返られたコトが


何度かあった。




暗闇の中
フードかぶった怪しい人が
息の荒い犬を連れている


この方がよっぽど怖いな^^;





「野獣とぐりママには、夜道で会いたくなーい!」
のポチよろしくです☆
 

          

       にほんブログ村
 
スポンサーサイト

| どんぐり&ぐり家のいろいろ | 06:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT