どんぐりころころ

野獣なミニチュアダックス 『どんぐり』 の毎日を、ゆるく楽しくお届けしてます。                        最新記事のRSS

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

迷子犬?を山道で保護したけれど・・・

 
 
こんにちは、どんぐりママです。



旅行疲れがとれず


昨日は


ダンササイズと腕立て腹筋を


休んでしまった^^;


(ジョギングには行った)



今日からはまた


パーフェクトにこなしていくぞーっ!









3連休だった先週末、


旅行中に


山梨県内の山道を


(規模の小さい 「いろは坂」 的な山道)


車で走っていたら・・・


ひょっこりと


黒い柴犬が現れた。




首輪はつけている
(連絡先等はナシ)

飼い主だと思うのか?
走ってる車に寄っていくので
危なさこの上ない

近くに民家は見当たらない

人懐っこい

毛づやも肉付きも悪くない

私たちが差し出すオヤツは食べない

迷子犬?捨て犬?




ダメだ、放っておけない。
保護しよう!






とにもかくにも


最寄りの交番に連れて行って、、


と思っていたところ


通り道に神社あったので


ひとまずそこの札所で


「山道で黒い柴犬を保護したのですが
迷子犬の話等、聞いてませんか?」


とたずねたところ


札所の人
「○○さんチの犬が、また脱走したか。」


※黒柴ちゃんの飼い主は
保護現場から車で5~10分の所に住んでおり
犬を6匹ほど外でオリに入れて飼っている




良かったーーーっ!


ちゃんと飼い主さんがいるんだね。





札所の人が飼い主さんに連絡をとり


迎えに来るとのことで


ひと安心。




・・・したのもつかの間、


迎えに来た飼い主、
(70歳くらいのじーさん)


悪びれた様子もナシ。


礼のひとつもナシ。




別に


感謝されたくて保護したわけじゃない。


飼い主のために保護したわけじゃない。


保護をしたのは黒柴ちゃんのため。


黒柴ちゃんが
車に轢かれずにすんだだけで十分だ。
(本当に危なかった)


黒柴ちゃんの命を救えただけで十分だ。


飼い主に会えた時の
黒柴ちゃんの喜ぶ様子を見れただけで
十分だ。





でも、、でも、、


どうしてもモヤモヤが消えないので


最後に叫ばせておくれ。




このクソ飼い主じじーめっ!

脱走できるようなオリで
犬を外飼いするんじゃねーよ!

他人の世話になったら
礼のひとつくらい言えよ!





気持ちのモヤモヤが納まらないぐりママに
応援ポチよろしくです☆
 

          

       にほんブログ村
 
スポンサーサイト

| どんぐり&ぐり家のいろいろ | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT